アパレル検査・検品の副業

お店で売っている洋服やアクセサリーなどのアパレル商品。
当たり前ですが、売り物であるアパレル商品には、穴やほつれはありませんよね。
それはきちんとチェックする副業があるからです。
その副業は『アパレル検査・検品』といいます。
アパレル検査・検品とは、出来上がった洋服や服飾雑貨・アクセサリーなどのたアパレル製品に不具合や不良品がないかを一つ一つ目で見て確認する仕事をいいます。
傷や汚れがないか、商品に記載の番号が合っているか、部品が全て揃っているか等をチェックします。
納品した物はそのまま世の中に出回りお店に到着します。
アパレル検査・検品の副業があるので、基本的にお店のスタッフは確認をしないでお店に出します。
ですからチェックミスはお店の信用を壊しますので、アパレル検査・検品にチェックミスは許されません。
また、商品に手垢やほこりが付かないように細心の注意を払わなければなりません。
ブランドで高額なアパレル商品を扱う場合はルーペや顕微鏡を使って検査する仕事もあります。
ですからかなりの神経さや集中力を使う仕事になります。
この副業に向いているのは清潔、几帳面、責任感のある人にといえるでしょう。
高い精度での商品をチェックする必要があるので、初心者よりは経験者の方が優遇されます。
初心者でも募集はありますが、慣れないうちは大変です。
最初はミスが起きないように、注意するところからはじめましょう。
現在日本に流通するアパレル商品の大半が中国製です。
中国製は大量生産するのが基本なので、どうしても不良品が混ざって輸出されてしまいます。
大量生産されたアパレル商品を国内で販売する前に、傷や汚れ、ほつれ等の不具合が無いかをチェックするのがアパレル検査・検品の仕事です。
商社や比較的大きな輸入代理店での求人募集が多く見られますので、興味があったひとは探してみるのがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ